CURRENT EXHIBITION

Robert Bosisio, Asa Hiramatsu, Donata Wenders

Group Show

2024.6.14 (Fri) - 7.12 (Fri)

104GALERIE(東京・中目黒)は2024年6月14日(金)~7月12日(金)の会期でロバート・ボシシオ、平松麻、ドナータ・ヴェンダースによるグループ展を開催いたします。
本展ではロバート・ボシシオの未発表作品、ドナータ・ヴェンダースの写真作品に加え、104GALERIEでは初のご紹介となる画家、平松 麻の新作ペインティングを展覧いたします。来年には104GALERIEにて個展の開催も予定しております平松 麻の作品を、是非この機会にご高覧ください。

Profile

ロバート・ボシシオは1963年、イタリア北部トローデナ生まれ。ウィーン美術アカデミー(The Academy of Fine Arts Vienna)を卒業後、ベルリン、ニューヨーク、ロンドンで活動。現在は故郷トローデナを拠点に制作を続ける。これまでに、アートセンターHugo Voeten(ベルギー/2014年)、国立美術館MUZEUL DE ARTA(ルーマニア/2010年)の他、オーストリア・ドイツ・スイス・アメリカなどで個展を開催。2011年にはベネチアのLa Fenice賞を受賞し、同年ベネチア・ビエンナーレのイタリアンパビリオンで作品を展示。また2020年、BP Portrait Award 2020のファイナリストに選ばれるなど、世界的に活躍している。また近年では初めて中国の深圳で個展を開催し、高い評価を得た。
104GALERIEではこれまでに3度の個展を開催、また度々グループ展でも作品をご紹介しており、いずれも大変ご好評いただいております。

平松 麻(ひらまつ あさ)は1982年東京都生まれ。2012年より本格的に発表を始め、展覧会を軸に活動する。自身の体内に実在する景色を絵画にし、「雲」をメインモチーフにした心象風景を描く。
新聞・雑誌・書籍の挿画も手がける。主な作品に、柴田元幸訳『ガリバー旅行記』(朝日新聞夕刊2020~2021)、村上春樹アンデルセン文学賞受賞講演テキスト(『MONKEY vol.11』スイッチ・パブリッシング 2017)、マリオ・バルガス=リョサ著・野谷文昭訳『ケルト人の夢』(岩波書店2021)、レイナルド・アレナス著・安藤哲行訳『真っ白いスカンクたちの館』(インスクリプト2023)、川瀬慈『見晴らしのよい時間』(赤々舎 2024)など多数。『Saul Leiter The Centennial Retrospective』(Thames & Hudson 2023)に寄稿するなど、執筆も手掛ける。
串田和美主宰「フライングシアター自由劇場」の新公演『あの夏至の晩生き残りのホモサピエンスは終わらない夢を見た』(東京公演6/6~6/12 2024)では、演劇×絵の新しい試みとして、描き下ろし油彩画を会場で展示する。
2025年に104GALERIEでの初の個展を予定しております。

ドナータ・ヴェンダースは1965年ドイツ、ベルリン生まれ。
ベルリンとシュトゥットガルトで映画と演劇を学んだ後、1995年から写真家として活動をはじめる。これまで作家のシリ・ハストヴェットやペーター・ハントケ、振付家のピナ・バウシュ、芸術家のイケムラレイコ、ファッションデザイナーのヨウジヤマモトなど多くの著名人に同行し、数々のドキュメンタリー作品を発表。
また、長年にわたり夫のヴィム・ヴェンダースのスチール・フォトグラファーとして映画に携わり、映画の記録とともに、被写体との交流の中で捉えた数々の瞬間を自身の写真作品に表現している。
主な関連作品にPina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち(2012年)、アメリカ、家族のいる風景(2005)、ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ(2000)、など。ドイツ、フランス、オーストリアをはじめとするヨーロッパや、アメリカ、日本、韓国の美術館やギャラリーで展示している。
104GALERIEでは2022年にボシシオと共にグループ展でご紹介し、昨年12月にはヴィム・ヴェンダース監督作品「PERFECT DAYS」に関連した映像作品を展示。たくさんの方にご覧いただきました。

OUTLINE

展覧会名

ロバート・ボシシオ、平松麻、ドナータ・ヴェンダース

会期

2024年6月14(金) – 7月12日(金)

時間

11:00-17:00

休廊日

日曜・祝日

会場

104GALERIE
東京都目黒区青葉台1-20-4 FORCEビルB1F

問い合わせ先

info@104galerie.com

Press release

日本語
English