Information EXHIBITION

Documentary Interview – “Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato”

永戸 鉄也


“Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato” は、2020年に104GALERIE(東京・池尻大橋)にて開催。永戸鉄也と同ギャラリーのオーナー、enzoとの共同プロジェクトでもあった本展では、30点の作品が2020年1月25日から3月25日の2ヶ月間にわたり、104GALERIEとWarszawaの2ヶ所で展覧された。
作品は永戸が「カワイイの未来」として「kawaeye(カワアイ)」と名付け、目を大きく引き伸ばしたデジタルコラージュが元になっている。そのコラージュのjpgイメージを絵画の複製生産を生業とする中国の大芬(ダーフェン)村の職人が油絵で模写した。
美や価値の発展の裏表を同時に浮き上がらせた奇妙な油絵作品。永戸のコンセプトは制作過程でより深く追求されていった。2020年2月28日の公開インタビューを元にしたこの映像は、そのプロセスを永戸が振り返る記録としてまとめられている。今後のkawaeyeのゆくえ、いわば「未来のその先」の探求への出発点としてご覧いただけたらと思う。

公開インタビュー 対談者プロフィール

<永戸鉄也>
アートディレクター。1970年東京生まれ。広告、パッケージデザイン、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー映像、展覧会キュレーション等。音楽、ファッション、アート、の領域でディレクションを行う。

<三宅正一>
1978年東京都生まれ。大学卒業後、カルチャー誌「SWITCH」及び「EYESCREAM」の編集を経て、2004年にフリーライターとして独立。音楽を軸としたカルチャー全般に関するインタビュー及び執筆を担当している。2017年12月、主宰レーベル「Q2 Records」を設立。現在までに踊Foot Works(マネジメント業務も担当)やマテリアルクラブの作品をリリースしている。


Exhibition Archive

Title

“Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato”

Artist

永戸 鉄也

Period

2020年1月25日(土)〜3月25日(水)

Place

104GALERIE / 東京都目黒区青葉台3-22-1 目黒ハイツ104
Warszawa / 東京都目黒区大橋1-6-4

Events

Opening Reception
 2020年1月24日(金)18:00〜 @ 104GALERIE + Warszawa
 SURROUND展示@104GALERIE-R 同時開催

SURROUND展示 @ 104GALERIE-R
 2020年1月29日(水)、30日(木)

Kawaeye Talk Show
 2020年2月28日(金)20:00〜 @ Warszawa
 永戸鉄也 × 三宅正一による公開トークショー

Closing Session
 2020年3月25日(水)19:00〜 @ Warszawa
 永戸鉄也(Gt)島田大介(Synth.)によるパフォーマンス

Press

CINRA.NET インタビュー